2016/12

びんまるお片付け講座☆第1回

こんにちわ、MAYUです。

あっという間にクリスマスが過ぎ去った今日この頃。

クリスマスは大阪で過ごしました♫

2016-12-26 14.28.09_R

念願のあべのハルカスに行ってきました。

2016-12-26 14.40.11_R

 

地場300メートル・展望台60階

わ~お!!

この景色を見ていると、ビルも家も小さくて、もう人間なんてちっぽけだね!!なんて会話をしながら、ただただ感動しました。

 

リフレッシュしたので、仕事納めまでラストスパートがんばっていきます♫

2017年1月号のびんまるにお片付けコラムを書かせていただきました。

2016-12-27 14.53.05_R

 

木の香ちゃんに囲まれたこちらです♫

 

2016-12-27 14.53.29_R

 

ぜひびんまるを見かけた方は読んでみて下さいね♫

 

木の香お片付けサービスの方も受け付けています。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね(^o^)

 

 

会社の方もせっせと正月準備をはじめています。

2016-12-27 14.57.22_R

 

みなさまもお忙しいとは思いますが、風邪などに気をつけてお過ごし下さいね♫

 

ご提案をする上で大切なこと。

 

 皆様おはようございます。

 『木の香』の住宅アドバイザー Satominです( ̄ー ̄)

 

 。。。なんておこがましい(笑)

 建築やインテリアの事を学びたいと専門の学校に行き

 なんやかんやの人生を歩みながら1年とちょっと前。

 ここ木の香に出会った〝ただの主婦 Satomin〟(-_-)

 

 だけど・・・

 資格も何もなく偉そうなことは言えないけれど・・・

 主婦独自の家事動線やコーディネート

 更にはお客様の希望としていることを汲み取りながらイメージを形にする。

 そこには勉強してきたことやここで得ている知識

 または感性を発揮しながらお客様の話に耳を傾ける

 そんな毎日を過ごしております。

 あっ!もちろん構造的なことなど重要な部分は

 きちんと上司の皆様に確認を取りながら進めているのでご安心下さい。

 

 そこでお客様にご提案をする上で重要となってくる物。

 そう、イメージパースです!!

 

 〝こんな家にしたいな~〟

 〝あれもこれもつけたい!!〟

 〝もっと広い家にしたいけど予算はあまり・・・〟

 

 と結構様々な難題を出して下さいますが(笑)

 いざ図面にしてみるといまいちよく分からない・・・。

 

 そこでイメージとなる〝絵〟が大切になってくるんですよね(*^_^*)

 しかも私は全て手書きで提案させて頂いております。

 CGなどのパソコンで簡単にイメージ図が見れる時代ですが

 暖かみのある手書きの良さはかしこいパソコンでも真似は出来ないんじゃないかと思うんです。

 

 今、有り難いことに2組のお客様との話を進めさせて頂いてる最中なんですが

 全貌をお見せすることが出来ないので一部のみ。

 

 写真 2016-12-27 8 53 11_R

 

 例えばこれ。

 分かる人には分かるかもしれませんがパッと見ると一瞬どこか分かりませんよね?

 これは水回りの部分を書いています。

 それをもっとお客様にも伝わりやすくした物が・・・

 

 写真 2016-12-27 8 55 09_R

 

 こちらです。

 文字が入っていることもありますが

 先程に比べて何となく分かりやすくなったと思いませんか?

 もっとお話が進み間取りも確定してきたら更に部分パースを細かく書いていきます。

 実際自分たちがこの家に住んだときの目線などが

 より一層感じられると思いますよ。

 

 全て色鉛筆で着彩していくのですが

 色鉛筆で陰影やグラデーションなど表現方法も無限でとても楽しいです!!

 普段は私のことを〝友達〟だという我が子供たちも

 色塗りに関してだけは一目置いてくれています(´∀`=)

 

 そんな我が子のプチ自慢。

 学校で描いたであろう作品達が、私の知らぬ間に飾られていたり賞を頂いたりするんですが

 

 写真 2016-12-23 8 51 07_R

 

 右下の貝なんて小2の娘にしてはとても力強くきれいに書けていると思うんです(*^_^*)

 息子も小さい頃から書道に通い、高学年になればなるほど

 やる気の無い態度に腹が立ちながらも5年程通い結局辞めてしまったんですが。。。

 

 そんな彼も中学生になり書道の時間に自分に必要な文字を書きなさいと言われ

 周りはみんな『飛躍』や『躍進』などとても前向きな言葉を書いている中

 唯一一人だけ書いていた彼の一文字

 

 写真 2016-12-23 8 51 20_R

 

 

 小さな頃から思った感情をすぐ口にしてしまい周りに迷惑をかけてしまうと言うところから

 自分に対しての戒めのつもりなのでしょうか。。。

 気をつけようとしている彼自身の気持ちや

 あまりの達筆ぶりに母は思わず写真に納めそして額に入れて飾りました(笑)

 この一文字に様々な感情がわいてくる今日この頃。。。

 

 さぁ今日もご提案パースの続きをやろう。

 本日もお読み下さりありがとうございました!!